Corega WLCB-54GT を入手

コレガの無線 LAN アダプタ WLCB-54GT をインターネット・オークションにて入手しました。

今回入手したコレガ WLCB-54GT です。

概要

2.4GHz 帯に対応した IEEE 802.11 b/g のカードバス無線  LAN アダプタです。アンテナ部分の厚みが本体部分の厚みと一緒となっており、カードバス・スロットの上下に差し込むその他のカードバス機器と干渉し難いようになっていました。内部のチップには Intersil Prism GT が使用されている模様です。

コレガ WLCB-54GT の裏面です。

動作

早速 Debian Jessie が稼働しているパソコンへ装着してみました。ファームウェアが不足しているようで動作しませんでした。

lspci コマンドでカード情報を読み取ってみました。

06:00.0 Network controller: Intersil Corporation ISL3890 [Prism GT/Prism Duette]/ISL3886 [Prism Javelin/Prism Xbow] (rev 01)

そこで Debian Wiki を参考にして WLCB-54GT の本体内で使用するファームウェアをインストールしました。このファームウェアのインストールによって動作しました。

prism54 – Debian Wiki
https://wiki.debian.org/prism54
p54pci の項目
https://wiki.debian.org/prism54#p54pci

p54pci の項目

$ wget https://daemonizer.de/prism54/prism54-fw/fw-softmac/2.13.25.0.arm –no-check-certificate
$ su
# mv 2.13.25.0.arm /lib/firmware/isl3886pci

動作中のコレガ WLCB-54GT です。

FreeBSD 9.3 の p36 (OpenSSL) アップデート

昨日 ports の OpenSSL のアップデートが行われたので、近くシステム側でも OpenSSL のアップデートが行われるものと予想していました。やはり本日 OpenSSL のシステム・アップデートが到着しました。
以前から存在していた OpenSSL v3 での通信にも係わらず OpenSSL v2 へダウングレードを意図的に発生させて情報を読み取られてしまう脆弱性の問題がまだ残っていたようです。今回はこのダウングレード攻撃の脆弱性対策のものだそうです。

FreeBSD-SA-16:11.openssl
https://www.freebsd.org/security/advisories/FreeBSD-SA-16:11.openssl.asc

/usr/src/UPDATING の内容

20160130        p36     FreeBSD-SA-16:11.openssl
        Fix OpenSSL SSLv2 ciphersuite downgrade vulnerability. [SA-16:11]

ソースツリーの更新

subversion でソースツリーを更新しました。

# svn update /usr/src
Updating ‘/usr/src’:
G    /usr/src/UPDATING
U    /usr/src/crypto/openssl/ssl/s2_srvr.c
U    /usr/src/sys/conf/newvers.sh
Updated to revision 295070.

ユーザランドの再ビルド

今回のアップデートでは、ユーザランドの再ビルドが必要です。

# cd /usr/src
# make buildworld

ユーザランドのインストール

# make installworld

マシンの再起動

# reboot

ELECOM WRC-300FEBK を入手

エレコムの無線 LAN ルータの WRC-300FEBK をインターネット・オークションにて入手しました。

今回入手した エレコム WRC-300FEBK です。

概要

手のひらサイズのコンパクト型の無線 LAN ルータです。小さいな筐体ですが、ちゃんと WAN ポートと 4 つの LAN ポートが備わっています。無線 LAN 部分は 2.4GHz 帯のみの IEEE 802.11 b/g/n 対応となっています。

中継器として設定

動作確認として中継器として設定をしてみました。しかし中継器として設定ができませんでした。中継器と設定すると WAN ポートが 192.168.2.251 となって、コンソールとして接続できるはずなのですが、どうしても接続できませんでした。ping などで調査しても WAN ポートの反応がありませんでした。
そこでファームウェア・バージョンが 1.02 となっていたものを最新の 1.04 へアップグレードしてみました。すると中継器として設定することができました。なお設定時には底面にあるスイッチを Auto ではなく Router へ切り替えることで中継器の設定ができました。なぜか Auto のモードでは中継器としての設定ができないようです。

分解

内部のチップがどのようになっているのか気にりましたので、早速分解してみました。底面のゴム足で隠されている二本のネジを外した後、天板を取り除くとボードが見えるようになりました。またボードは筐体内側の左右二箇所の爪で固定されているだけでした。

WRC-300FEBK のネジは T-8 のヘクスローブでした。
二本のネジを撤去した後、天板を外しました。
左右に小さな爪で固定されていました。

ボードを取り出して観察してみました。使用されている制御プロセッサは RTL8196E が使用されていました。無線部分には RTL8192ER が使用されていました。フラッシュメモリには MX25L6406E (64Mbit/8MB) が使用されていました。

ボード上にはシリアルコンソールと思われるヘッダーがありました。後日、シリアルケーブルを接続して動作確認をしてみたいと思っています。

OpenWrt の公式ウェブサイトでは RTL8196E のファームウェアは配布されていないようです。RTL819X プロジェクト としてのソースコードの配布物が存在しているようです。これをビルドすると独自のファームウェアを作ることができるようです。今後、チャレンジをしてみたいと思っています。

RTL819X download | SourceForge.net
https://osdn.jp/projects/sfnet_rtl819x/

FreeBSD OpenSSL のアップデート

FreeBSD の ports へ OpenSSL のアップデート(1.0.2_6 から 1.0.2_8 へ)が到着しました。秘匿通信で大切なソフトウェアですので、すぐにアップデートすることをお奨めします。今回のアップデートは ports 側のものですが、ユーザランドへ組み込まれている OpenSSL もアップデートされる可能性があります。

openssl-1.0.2_6  <  needs updating (port has 1.0.2_8)