ThinkPad G41 の排熱にびっくり

ここ数日ずっと ThinkPad G41 を使っています。私が二台所有している ThinkPad G41 のうち、プロセッサが Pentium 4 (532) 3.06GHz のもの (2881-5GJ) の方です。

さすがにデスクトップ用のプロセッサ(Hyper-Threading 機能付き)を搭載していることから、普通にデスクトップ・パソコンの置き換えに使えています。Debian Wheezy もそこそこ軽く動きます。

大変満足している ThinkPad G41 なのですが、さすがに気になるのがプロセッサ類の冷却ファンの動作です。本機には、大小二個の冷却ファンが搭載されています。もう一台の ThinkPad G41 (2881-R21) には、動作速度の遅いプロセッサが搭載されているためか、発熱も少ないようで冷却ファンが一個のみとなっています。

ThinkPad G41 (2881-5GJ) の冷却ファン
ThinkPad G41 (2881-R21) の冷却ファン

今回気になるのが、二個の冷却ファンが常に風切り音を立てて回転しているのが耳に届くことです。それも動画などを閲覧する訳でもなく、単純にアイドリング中にそこそこの回転数で回転しているようです。もしろん YouTube などの動画を閲覧すると冷却ファンの回転数が上昇してうなり音を立ててきます。左奥の排熱口からは熱風が吹き出してきます。このところ真冬日が続いていましたが、この寒さの影響をまるで受けないかのようです。おかげで手がかじかむこともありません(苦笑)。これが真夏日だったらと思うと、一体どうなってしまうのだろうか?と考えてしまいます。かつて本機を所有されていた人は無事に使用されていたのか心配してしまいました。

ガンバレ冷却ファン!

私は ThinkPad の収集を目的としているので、真夏日で動作が不安定になりそうなときには使用しなければ何ら問題ありません。どんなパソコンも実際に使ってみなければ解らないことも多く、今回こんな爆熱な機種もあるんだなぁ〜と知識が深まりました(笑)。

なぜか debian へ先祖返り

古い ThinkPad 用に Puppy Linux や Knoppix などをインストールしてきました。最近では LinuxBean もなかなか良いのでは?と思いつつあります。

さすがにプロセッサが Pentium 3 以前の ThinkPad は動作条件が厳しいため、動作が非常に緩慢となってしまう機種もあります。

しかし Pentium 4 以降の機種で考えると上記の三つの OS はどれも快調に動作しています。

がしかし、Pentium 4 以降の機種は我が家ではまだまだ実用的使っている ThinkPad なので、セキュリティの問題などを考えると OS のメンテナンスも考える必要があります。銀行口座の手続きやネット通販の手続きなどを行うことも多いので心配です。

そのために事情がよく解っている debian への先祖返り?となってしまいます。Wheezy となってデスクトップが gnome3 にアップグレードして以来、動作速度や使い心地の面で遠ざかっていることが多かったのですが、結局 debian に戻ってしまいました。これが debian の安心感というところでしょうか?(笑)

この記事を書いている ThinkPad G41 も debian Wheezy を使って書き込んでいます。やっぱり使い慣れたもの(OS)が一番なのでしょうか。

ThinkPad 535X のバッテリ再充電と画面フリッカー

再充電シリーズではありませんが、昨日の ThinkPad 235 のバッテリが放電状態になっていたので、同様にバッテリが比較的早く消耗しやすい ThinkPad 535X のご機嫌伺いをしてみました。

バッテリは 10% ほど残っていました。危うく完全放電をさせてしまうところでした。

バッテリを充電しながら ThinkPad 535X を使い続けていると、いつものように液晶パネルの明るさが時折チカチカとします。いわゆるフリッカー状態です。ネット上の情報でも、バッテリの充電が少ないときに ThinkPad 535X に限って発生するようです。私はまだ ThinkPad 535 や 535E を所有したことがないため、フリッカーの有無について確認していません。

ただいつもであれば充電が完了するころにはフリッカーが治まるものなのですが、どうも様子が変で、充電が進んでもフリッカーが発生し続けるのです。

バッテリは 100% 充電になることはなく、80% 充電でこれ以上充電が進まない状態までに劣化(消耗)しています。この劣化のためか? 80% 充電の状態でフリッカーが発生するのです。予備で所有しているバッテリは 100% まで充電が可能で、こちらはフリッカーが発生しません。またバッテリを外した状態でもフリッカーが発生しません。

このことから、今までよく使っていた 80% まで充電できるバッテリと関係性がありそうです。もともと充電が十分でないときにフリッカーが発生するのは ThinkPad 535X の特徴のようなのですが、このフリッカーが発生すること自体がそもそも問題ではないかとも思われます。しかし古い製品ですし、当時からメーカー側も製品上の特性ということで問題視していないようであったようで、この問題の根本解決方法はないようです。そのため残された対策としては、フリッカーの症状が発生しないバッテリを使用するか、それともバッテリを外して使用するしかないようです。

インターネット・オークションでも入手困難にある ThinkPad 535 シリーズのバッテリを大切に使って行きたいと思っていただけに、今回のバッテリの劣化(消耗)は残念でなりませんでした。今後、入手するかもしれない ThinkPad 535, 535E のために 80% バッテリは保存しておこうと思っています。

ThinkPad 235 のバッテリ再充電

久しぶりに ThinkPad 235 に電源を入れてみました。いわゆるパソコンのご機嫌伺いです。

なんとバッテリが完全に放電していました(涙)。

以前から気になっているのですが、左右にバッテリを装着して満タン充電を行った状態で外部電源を接続しないで放置しておくと一ヶ月程度で完全に放電しきってしまうのです。まだ所有している個体しか ThinkPad 235 を触ったことがないため、これで正常なものか?いつも気になって仕方がないところです。

ThinkPad 235 を常に使う状態であれば、外部電源も頻繁に接続することもあるため、バッテリの消耗は気にならないところですが、すでにコレクションとして保存している状態では、外部電源を接続したまま放置しておくことも難しいため困っています。

いやはや何かよい方法はないものでしょうか?

懐かしのパンチカード

古本を処分しようと思って整理をしていたところ、古本の間から昔なつかしいパンチカードを発見しました。写真のように FORTRAN 用のカードのようです。栞として使っていたようです。

確か私が大学生の時にコンピュータ実習というか電算機実習で使ったものだと思います。昭和50年代の話です。

カードに穴を開ける機械で一所懸命カードに命令やデータを入力していました。カード一枚が命令一行となります。確か機械はブラザーとかジューキなどのメーカーだったように記憶しています。

講義の間などの待ち時間を使っては、パンチカードにデータを入力していたのですが、命令やデータの行数が多いと当然カードの枚数も増えていって、一抱えでは持ち運べないほどになっていたことも覚えています。そしてうっかり床に落としてしまってカードがバラバラになって涙目になってしまったことも良い思い出です(笑)。

このカードの取り扱いは、必要なカードを一式作った後、電算機室の職員さんへ手渡して実行してもらうものでした。いわゆるバッチ処理です。確か年度の途中で、職員さんに手渡しにする方法から、パンチカードのカードリーダーへ自分でセットして読み込ませる方法に変わったと思います。バタバタと音を立ててカードを読み込む様子に興奮したものでした。そして結果はスタックフォームと呼ばれるミシン目が入った連続紙で印刷されたものを職員さんから受け取る方法でした。今あるパソコンから使い始めた人には別次元のものでした(笑)。

今日はパンチカードの発見でタイムスリップ感覚を楽しむことができました!