Pentium 3 マシンのファイルサーバーとしての性能は

先日丸洗いしたサーバーの IBM @server xSeries 200 (8478-31X) は結局友人が現物を見てその大きさに驚き友人宅でのファイルサーバーとして活躍することはなくなりました。まあこうなることはある程度予想はしていましたがせっかく綺麗にしたサーバーなので何とか使い道がないものかと考えてみました。

そこでファイルサーバーとしての実力をみるためにすでに活躍中のファイルサーバーと中身を入れ替えて動作状況を確認してみました。

現在のファイルサーバーは写真奥の Pentium 4 (1.5GHz) のものです。そして写真手前が今回丸洗いした Pentium 3 (1.0GHz) のマシンです。
なお元々は Celeron (800MHz) のサーバーでしたが、組み立て時にプロセッサを Pentium 3 (1.0GHz) へ入れ替えました。メモリは三つのソケットがあったので 512MB + 128MB + 64MB = 704MB (ECC) を装着しています。本当はもっと多くのメモリを搭載したかったのですが ECC タイプのメモリはこれだけしかありませんでした。


基本的に内部の機械的な構造はまったく一緒なのでそのままハードディスクや RAID カードなどを入れ替えて動作確認をしてみました。写真左側が Pentium 3 (1.0GHz) のもので、そして写真右側が Pentium 4 (1.5GHz) のマシンです。こうして並べてみるとまったく同じ筐体であることが分かります。


二台のサーバーを並べて次々に部品を入れ替えて試験に備えました。

いつものように FTP 転送によるデータ転送速度の計測を行ってみました。およそ 100MByte のバイナリデータの転送を5回行った平均を求めました。

 Pentium 3 (1.0GHz) : 50,993KB/s
 Pentium 4 (1.5GHz) : 62,590KB/s

やはりプロセッサの処理能力の差が現れた結果となりました。50MB/s の転送速度でも結構速いものなのですが、やはり 62MB/s の転送速度からすると見劣りする感じです。

しかし以前行った同じ系列のサーバーの Pentium 4 (2.2GHz) のものが 63MB/s でプロセッサの動作速度の差が現れなかったことから単純にプロセッサの速度だけでデータの転送速度を向上させることはできないようです。

そして今回は RAID カードも Ethernet カードも 64bit 幅のものだったので、これを 32bit 幅のものを使用すると性能が向上した可能性は残りしましたが、今回の実験では時間的な問題があり追求をしませんでした。ちょっと残念です。

Coppermine-T を発見


先日洗濯?をした IBM @server xSeries 200 (8478-31X) ですが、同様のサーバーの 8479-4FJ は廃棄するつもりで分解を開始しました。その過程で取り出したプロセッサがいわゆる Coppermine らしくないヒートスプレッダのついたものでした。これは Tualatin ではないかと型番を調べてみました。

 SL5QJ : Intel Pentium III 1000/256/133/1.75V ( Coppermine-T )

Coppermine-T というプロセッサの存在は知っていましたが、こんな身近なところにあったとは思ってもいませんでした。

Pentium III の中では Coppermine と Tualatin をつなぐオールラウンドプレーヤーとなるはずだったプロセッサであったようですが、結局は単なる Coppermine となってしまったもののようです。

また私のプロセッサコレクションが一つ増えました。

玄人志向 SATA2EI+ATA-PCIe を再挑戦

先日インストールすることが出来なかった 玄人志向 SATA2EI+ATA-PCIe の再度のインストールに挑戦しました。

前回はシステムが入っているハードディスクをそのまま横滑りで取り付けるようにしていましたが、今回は空のハードディスクを用意してシステムをインストールすることを試みてみました。

写真のように現在接続されているハードディスクの SATA ケーブルを取り外して、別に用意した空のハードディスクを用意して 玄人志向 SATA2EI+ATA-PCIe へ SATA ケーブルを接続してインストールに備えました。


これは ThinkCentre A51 の BIOS のシステムブート順番の様子です。
5: PCI SCSI : Maxtor 6Y080M0 と表示されている部分がそれです。通常であればこれでハードディスクからブートしてゆくはずです。


インストールするシステムはハードディスクからブートさせる方法を調べるだけのものですのでいつもの Puppy Linux 4.3.1 を使用しました。通常の frugal インストールで簡単に済ませたあと、GRUB をインストールしました。

ワクワクしながらマシンを再起動させてみました。ハードディスクの GRUB を認識しなかったようで PXE ブートの状態となってしまいました。やはり玄人志向 SATA2EI+ATA-PCIeのブートは難しいようです。

ここで再び Puppy Linux 4.3.1 の Live-CD から起動させた後、フロッピーディスクへ GRUB4DOS をインストールしてフロッピーディスクの GRUB からハードディスクのシステムをキックさせる方法を試みてみました。

やはり GRUB から起動出来ないようです。ハードディスクを読み取れないようです。ネット上の情報では玄人志向 SATA2EI+ATA-PCIe で使用しているチップの JMB363 へ対応する GRUB のパッチが存在しているようですが、JMB363 の BIOS が 1.06 以降であれば対応しているはずだったので現在は 1.07 なので問題はないものと思っていました。しかしこの BIOS でも GRUB に対応していないようでした。


これで玄人志向 SATA2EI+ATA-PCIe から起動しない理由が判明しましたので、今後 JMB363 対応のパッチを GRUB へ当ててみるなどのしてみたいと思っています。

サーバー丸洗い(笑)

先日ルーターとして活躍していたIBM @server xSeries 200 (8478-31X) を本格的に掃除しました。

当初は再活用出来る部品を取り除いて廃棄するつもりでしたが友人へファイルサーバーとしてこのマシンを使用しないかと問い合わせたところ、興味があるので見せて欲しいという話になりました。そこで簡単に掃除をしておこうと思っていたところ、だんだんと本格的な掃除となってしまいました(笑)。


写真を見ての通りマザーボードや電源ユニットを取り外して、その他の電子部品を全部取り払って筐体を丸洗いしました。マイペットなどのアルカリ性のお掃除洗剤でしっかり汚れを落としました。


取り外したマザーボードは掃除機を使って表面の汚れを綺麗にしました。また電源ユニットはいつものように分解して電解コンデンサのパンクがないかの確認も行いました。

そして電源ユニットやプロセッサのところにあるファンも水をつけた筆を使って汚れを綺麗に落としました。やはり一番汚れやすい場所なので綺麗にしておきたいところでした。

今日はここまでで作業を終了しました。組み立ては明日以降に行う予定です。もちろん丸洗いした筐体の中に残っている水分がすっかり乾燥するのを待つためです。

こうして本格的に掃除をしましたがこれから確認しにくる友人がファイルサーバーをして使用することを諦めた場合には自宅のファイルサーバーとして使用しようかとも思っています。

先日ファイルサーバーを交代させて現在 Pentium4 のマシンとなっていますが、電力消費量のより少ないこの Pentium3 のものにしてみようかと思っています。ただしファイル転送速度などの動作の様子を比較して大きな差がないことが条件となりますが。

ジャンクな SATA-RAID カード

いつものようにインターネットオークションで SATA-RAID (玄人志向 SATARAID-PCI) カードを入手しました。写真のようにしっかりとした梱包でこの時までは感激していました。


出品物は未梱包のバルク品ということでしたが、開封してみるとブラケットがパソコンから取り外すときに発生する特有の曲がり方をしていたり、ブラケットの端のネジで止める部分にネジの傷跡があるなどパソコンから取り外した中古品でした。


明らかな中古品なので早速パソコンに取り付けて動作確認をしてみることとしました。

何と起動時に表示されるはずの SATA-RAID カードの BIOS 画面が表示されません。もちろんこの SATA-RAID カード自身も立ち上がったシステムに認識されていませんでした。当然ながら接続していたハードディスクも認識されない状況でした。

何度か起動を繰り返していると BIOS 画面が表示されました。そしてハードディスクも認識される状況になりました。どうも動作が不安定のようです。

取り合えず BIOS のバージョンを調べると 4.3.84 となっていて RAID 構成ができる最新のバージョンとなっていました。そこで非 RAID 構成の最新 BIOS の 4.5.02 をインストールして様子を観察してみることとしました。

Silicom Image 社の公式ホームページから SiI3512 の BIOS イメージをダウンロードしてくることとしました。それからこの BIOS を更新するためにツールの updflash.exe もダウンロードしておきました。

MS DOS 6.2 を起動させて次のコマンドで BIOS のアップデートを行いました。

 c:\> UPDFLASH.EXE B4502.BIN


無事 BIOS のアップデートも終了したようです。起動画面で表示される BIOS のバージョンも新しい 4.5.02 のものとなっていました。

ここで DriveFitnessTest を行ってみることとしました。ちゃんとこの SATA-RAID カードに接続したハードディスクが認識されていました。テストを開始するとすぐにテストが終了して次のように「ケーブルエラー」となってしまいました。今まで正常に使用出来ていたケーブルですし、その他で試しに使ってみても問題はありませんでした。やはり SATA-RAID カードが不良のようです。


そこでこのカードの表面を舐めるようにして観察してみました。電解コンデンサが何個も実装されているのでパンクがないか確認もしてみました。どうも問題がないようです。

そこで何となく気になっていたコントローラーチップに貼り付けられていた銀色の RAID と書かれていた丸いシールを剥がしてみました。

何か表面の様子が変です(笑)。小さいものなのですが深い傷が入っているのです。この固いパッケージに傷が入った理由は不明ですが、シールには異常がなかったので製造時からのものか、IC チップの発熱などによって内部から破壊されてしまったもののようです。


結局故障品を掴まされてしまったようです。インターネットオークションでは偶にこんなことに出くわすこともあります。どんなことがあってもブログのよいネタになったと考えるようにしています(笑)。

よくパンクしていた @server xSeries 200

今回交代したIBM @server xSeries 200 のマシンは手元に2台あります。どちらもインターネットオークションで入手したものでした。

内部は何とも不思議な作りで Micro-ATX (MS-6333) のマザーボードに延長基盤を継ぎ足して普通の ATX マザーボードとなっていました。どうしてこのような作りになっているのかいまいち理解できませんでした。他の機種と共通でこの Micro-ATX マザーボードを使っているのだろうと想像するぐらいです。


ただ困ったことは入手した二台ともマザーボードのプロセッサの上側にある四個の電解コンデンサがパンクしていたことでした。どうもこの部分の電解コンデンサの質が悪いものだったようです。どちらも電解コンデンサを新しいものに交換して現在までに至っていますが、交換した電解コンデンサはパンクすることがなかったので電解コンデンサの品質の問題だったと想像しています。


もう十分に使用したマシンなのでここで引退させようと思っています。使える部品を回収して、大きな筐体などは廃棄する方向で考えています。

ルーターマシンの交代

自宅サーバーのパケットの流れを制御するルーターマシンを交換しました。

長くルーターマシンとして活躍していたのは IBM @server xSeries 200 (8478-31X) でした。そして新しくルーターマシンとなったは IBM NetVista M41 Slim (6843-FX7) です。

写真を見てのとおりかなり筐体の大きさに差があります。しかしマシンとしての性能は小さな筐体の NetVista M41 Slim の方が上となっています。どちらも Coppermine コアの Celeron で 800MHz と 1100MHz の違いとなっています。


今までルーターマシンとして使っていたのは元々パケットのボトルネックになるほど激しく通信がなかったのです。そしてハードディスクの交換などで作業がしやすいこのマシンをずっと使い続けていました。

しかし事務所が手狭になりつつあったこともあり、大きな筐体のマシンから小さな筐体のものへ交換することとしました。

ルーターマシンの交代では、ハードディスクと LAN カードを一緒に移設しました。取り外した LAN カードは写真のようにホコリまみれの状態でした。何年も稼働し続けいたマシンだけのことはあります(笑)。


ハードディスクや LAN カードは掃除をして新しいマシンへと組み込み、筐体を組み立てて LAN ケーブルをつなぎ接続試験を行いました。無事に通信できることを確認して交換作業は終了しました。

今後はウェブサーバーのマシンも小さなものへ交換をしようと思っています。写真の右側がウェブサーバー、左側の小さいのが新しくなったルーターマシンです。