ThinkPad 345CS の BIOS アップデート

CMOS 用のリチウム電池を交換したついでに BIOS のアップデートを行いました。

レノボ社の ThinkPad のページから BIOS のアップデータをダウンロードしてきました。

IBM ThinkPad 340CSE/345C,345CS/370C システムROM アップデート・ユーティリティー Ver1.41 (システム・プログラム・サービス・ディスケット)
http://support.lenovo.com/ja_JP/downloads/detail.page?DocID=DS015561

ThinkPad 345CS だけでなく、複数の機種に跨って BIOS をアップデートするプログラムとなっていました。

いつものように DOS 上でダウンロードしたデータを解凍した後、説明文に従って BIOS アップデート用のフロッピーディスクを作りました。

BIOS アップデートプログラム

そして ThinkPad 345CS へ BIOS アップデート用フロッピーディスクを挿入して立ち上げまhした。そして BIOS のアップデートプログラムを実行したところ、バッテリの充電不足で BIOS のアップデートが中断されてしまいました。

バッテリのエラーで停止したところです。

このときバッテリを本体に装着していなかったので、あの側面が膨らんでいるバッテリを再度取り付けて BIOS アップデートを試みてみました。

バッテリはすっかり消耗していましたが、なんと!運良く BIOS のアップデートが始まりました。そして無事 BIOS の書き換えが終了しました。

BIOS の更新状況は次のとおりです。

(旧)29H9659 06/28/95
(新)91G1221 09/13/95

旧 BIOS のバージョン確認画面
新 BIOS のバージョン確認画面

BIOS の更新は Windows95 への対応ということでしたが、以前から Windows95 は立ち上がっており、 BIOS の更新後も無事立ち上がりました。どこが改善されたのか不明なアップデートでした(苦笑)。

広告

ThinkPad 345CS の CMOS 用電池交換

ThinkPad 345CS の CMOS 用に使用されているリチウム電池(P/N 84G6586)を交換してみました。

本体底面のコネクタを抜いてリチウム電池を取り出しました。表面の絶縁シートを剥ぎ取ると電池本体が姿を現しました。電池の型番を調べると CR2450 となっていました。さすがにこんな大きなリチウム電池は持っていなかったので、手持ちの CR2025 へ交換してみました。少し電池容量は小さくなりますが、電圧は3ボルトを確保しているのでちゃんと動くはずです。

この電池の交換で、とりあえず電源を切るたびに統計がリセットされていたのは改善されました。

ThinkPad 345CS を入手しました。

またまた古い ThinkPad をインターネット・オークションにて入手しました。ThinkPad 345CS ( 2610-EJF ) です。プロセッサは i80486DX 75MHz で、本体メモリが 4MB です。どうもビジネス向けの低価格機であったようです。そのため液晶パネルは DSTN タイプのものでした。

今回入手した ThinkPad 345CS です。

ビジネス向けの機種であったためか各種の表記もそっけないものでした。LED ランプの取り付けも凝ったものではありませんでした。

ThinkPad 345CS のロゴシールです。
LED ランプ類の様子です。

私が入手した個体はどうも前所有者さんが分解を試みていたようで、写真のように目隠しシールが剥がされた痕もくっきりと残されていました。興味深いのは、ThinkPad 特有の円形目隠しシールではなく、長方形のシールでネジ穴を隠しているところでした。コストやメインテナンス性から考えて共通化された円形シールを選択するはずなのですが、あえて共通でないシールで目隠しする理由が何であったのかが気になります。

前オーナーさんによる分解の痕跡です。

私として特に興味を引いたのは PCMCIA カード・スロットの場所でした。通常は左右の側面に設置されているものですが、本機では背面にありました。それもプリンタ・ポートなどと一緒に PCMCIA スロットを隠すようにカバーまで設置されていました。

背面にある PCMCIA スロットです。

AC 電源アダプタのプラグは丸型のものでした。外観を見るかぎり台形のプラグのもののように思っていただけにちょっと意外でした。

電源プラグは台形ではなく、丸型でした。

そしてバッテリは底面中央部にありました。バッテリの取り外しがとても固くなっていました。どうしたものかとバッテリを確認すると側面が写真のように膨れ上がっていました。内部で膨張か破裂をしてしまったもののようです。

膨らんだバッテリの側面の様子です。

そしてバッテリのすぐ隣にある拡張メモリカバーをスライドさせて開いてみました。すると富士通の 16MB の DRAM カードが設置されていました。そしてこの DRAM カードの左右に CMOS 用などに使用されると思われるニッカド充電池とリチウム電池がありました。リチウム電池は P/N 84G6586 で、もう一つのニッカド充電池は P/N 84G6622 でした。このニッカド充電池の代替え品が存在するのか不明です。

ニッカド充電池(奥)とリチウム電池(前)と DRAM カードです。

簡単な外装の掃除の後、ハードウェアの点検を行なってみました。

まずメモリですが、memtest86+ Ver 2.11 で検査を行いました。古い機種ですので、最新バージョンの memtest86+ は動作しませんでした。写真のようにメモリエラーが発生していました。DRAM カードを向いた状態でも検査を行なってみましたが、同様の結果となりました。どうも本体のオンボード上のメモリの異常のようです。修復不可能な部分のため大変残念なことでした。

memtest86+ でメモリ異常を発見しました。

次にハードディスクを検査してみました。HGST の DriveFitnessTest を使用しました。ハードディスクは IBM-DBOA-2360 ( 360MB ) が設置されている模様です。検査結果は、残念なことに真っ赤な表示にエラーと出ました(涙)。

DriveFitnessTest の検査結果です。

引き続き HDAT2 にて検査を行なってみましたが、記録領域の先頭部分からエラーが連続して発生しているようでした。連続してビープ音が鳴り続けて警告をし続けていました。どうもハードディスクも消耗してしまっているようです。

HDAT2 での検査の様子です。

そして最後に本機をハードディスクから起動させてみました。Windows95 がインストールされている状態でした。ハードディスクの異常はありましたが、Windows95 は無事起動を完了していました。

ハードディスクには Windows95 がインストールされていました。

現状の様子を把握したところで、今後のメンテナンスの方針を決めたいと思っていましたが、オンボード上のメモリに異常が発生していることから、メンテナンスを断念して置物としてコレクションをする方向で考えています。もう少し本機を触ってみて、今後の方針を決めたいと思っています。

ruby 1.8.7 から ruby-1.9.3 へアップグレード

FReeBSD の ports の ruby がメジャー・アップグレードを行ったようです。

先日から ruby-1.8.7 の ports が ignore と表示されていて、今後どうなってしまうのか注目していました。すると表題のとおり、アップグレードすることとなったようです。perl5 などでは手動で置き換えインストールを行うものですが、この ruby に関しては portupgrade で自動的に置き換えアップグレードを行ってくれました。

我が家のサーバーでは、おそらく ruby は portupgrade コマンドでしか使わないものと思います。ruby を使わない portmaster などへ転向したいと思ったことは何度もありましたが、その後ずるずると portupgrade を使い続けているために ruby も使い続ける結果となっております(苦笑)。

Linksys WRT54GS 引退

DD-WRT のファームウェアをインストールして使い続けてきた Linksys 社の WRT54GS が不調となってしまいました。

無線 LAN の不調となった WRT54GS です。

本機は、我が家の第二番目のアクセスポイントとして使用してきました。しかし夏ごろから無線 LAN が突然切断されてしまう現象が発生していました。当初はパソコン側なのか?本機側なのか?不明でしたが、いろんなパソコンでアクセスを繰り返すうちに、本機側の問題だと判明しました。

当初は、本当に偶に無線LANが切断される状況でしたが、最近では頻繁に切断されてしまうようになってしまいました。

今年の夏は特に猛暑が続いたので、この猛暑が影響したのでしょうか? 昼間は窓を開け放った室内で30度越えの室温が続いていました。それも毎日24時間の連続運転のため無線チップに障害でも発生したのでしょうか? 原因は不明です。

そういえば、同じ Linksys の WRT54G (WRT54GS の旧製品)も今年の6月に故障してしまいました。どうもこれらの Linksys の製品の寿命が次々に訪れているようにも感じました。しかし動く部分のない製品であるだけに消耗という概念がないので、こうして次々故障するのが不思議です。

そこで数ヶ月ほど前に入手していた Buffalo の WLAH-G54 を Linksys WRT54GS の交代として配備しました。この WLAH-G54 にも DD-WRT のファームウェアを導入しています。そのため WRT54G に設定していた SSID や無線チャンネルをそのまま再設定することも容易でした。

交代として配備した WLAH-G54 です。

この WLAH-G54 が、我が家の二番目のアクセスポイントとして稼動を始めて一日が経過しましたが、現在までに無線 LAN が勝手に切断される現象は発生していません。もしかして周囲の無線 LAN 環境影響があるかもしれないと考えていましたが、やはり WRT54G 単体の問題であったようです。

WLAH-G54 は、家庭用と言うよりは、産業用の製品のため、猛暑や連続運転などの環境下でも確実に稼動し続けてくれるものと信じています。

ほぼコレクションとして保管される運命だった WLAH-G54 に活躍の場がようやく訪れました。

ATI HD4350 用に fglrx ドライバをインストール

先日 debian squeeze から wheezy へのアップデートを失敗して新規に wheezy をインストールし直したメインマシン(HP dx6100ST)のビデオ・ドライバを新しいものへ変更しました。

現在 ATI の HD4350 のビデオカードを装着しています。wheezy をインストールした直後は、radeon ドライバにて動作していました。静止画や軽い動画であれば問題なく動作していました。しかしテレビ番組などを収録した ts ファイルでは、動画が停止してしまい再生することができませんでした。そこで新しく radeon チップ用のドライバである fglrx ドライバをインストールしてみることとしました。

参考として debian wiki のページの「AMD Catalyst Legacy 13.1」を参考してインストールを行いました。

AMD/ATI Proprietary Driver
https://wiki.debian.org/ATIProprietary

まず指示されるまま、wheezy のバックポートを /etc/apt/sources.list へ追加します。

# Backported packages for Debian 7 "Wheezy"
deb http://http.debian.net/debian/ wheezy-backports main contrib non-free

そして、リポジトリデータベースの更新の後、インストールを行います。

# aptitude update
# aptitude install linux-headers-$(uname -r|sed 's,[^-]*-[^-]*-,,')
# aptitude -r -t wheezy-backports install fglrx-legacy-driver
 インストールの途中でドライバ設定のヒントが示されます。 

fglrx ドライバを有効にするのに必要な手動設定
fglrx ドライバはまだ設定されていません。動作する xorg.conf の設定を作成
するために /usr/bin/aticonfig を実行してください。
通常 "sudo aticonfig --initial" でほとんどのユースケースに足りるはずです

このヒントを参考にして、 aticonfig コマンドを実行しました。

# aticonfig --initial

これで再起動を行うと、無事起動をして新しい fglrx ドライバで画面の表示が行われるようになりました。

また radeon ドライバの時には gnome-shell が起動せず、Fallback モードで動作していましたが、fglrx ドライバでは gnome-shell が起動してくれました。

また vlc などでテレビ番組の閲覧も問題なくできるようになりました。

ATI の radeon チップで初期設定の radeon ドライバを使用している読者さんのうち、動作速度に不満がある場合には fglrx ドライバのインストールも一つの選択肢だと思います。なお、fglrx ドライバが不調な場合、radeon ドライバに上手く戻すことができるかどうかは不明です。過去のバージョンでは何らかのトラブルも発生しているようなので、fglrx ドライバのインストールは本当に必要性があるか見極めた上でお願いいたします。

corega CG-WLCB54GSX 無線 LAN アダプタ

コレガ社の無線 LAN アダプタ CG-WLCB54GSX をインターネット・オークションにて入手しました。このところ無線LANアダプタのコレクションも続々と増えています。単なる道具というか部品に過ぎないものなので、コレクションとして意義があるのか不明です(笑)。

今回入手した corega CG-WLCB54GSX です。

外観は先日入手した corega CG-WLCB54GPX と瓜二つです。製品型番の違いと若干印刷の色の違いがある程度です。色の違いは意図して変更したものか?それとも印刷のバラツキによるものなのか?は解りません。

左が CG-WLCB54GSX で、右が比較の CG-WLCB54GPX です。

本体だけで入手したものですので、この無線 LAN アダプタの素性が不明です。そこで何はともあれノートパソコンの PC カード・スロットへ挿入してみました。

CG-WLCB54GSX が動作しているところです。

lspci コマンドで確認してみると Atheros AR5212/AR5213 と表示されていました。性能に定評のある Atheros 社のチップを使用しているようです。そしてドライバは ath5k が使用されていました。

なお動作中の CG-WLCB54GSX は二個の LED ランプの内、Power ランプのみが点灯をして、Link/Act のランプはまったく点灯しない状況となっていました。これは以前から ath5k ドライバで発生している現象です。しかしその後改良が加えられたようで、AR5005g ( AR2413/AR2414 ) などのチップでは、二個の LED が動作状況に応じて点灯や点滅をするようになっています。日頃は気にしない LED のランプ類ですが、いざ動作不調となったときには、真っ先に確認するものなので、今後のドライバの対応が気になるところです。