FreeBSD 10.3 の p19 (ipfilter) アップデート

FreeBSD 10.3 へ p19 アップデート (ipfilter)が到着しました。

カーネル・モジュール内の IP フィルタに “fragment handling panic” が発生するそうです。

FreeBSD-SA-17:04.ipfilter
— ipfilter(4) fragment handling panic —
https://www.freebsd.org/security/advisories/FreeBSD-SA-17:04.ipfilter.asc

.

/usr/src/UPDATING の内容

0170427        p19     FreeBSD-SA-17:04.ipfilter
— Fix ipfilter(4) fragment handling panic. [SA-17:04]

 .

ソースツリーの更新

subversion でソースツリーを更新しました。

# svn update /usr/src
Updating '/usr/src':
U    /usr/src/UPDATING
U    /usr/src/sys/conf/newvers.sh
U    /usr/src/sys/contrib/ipfilter/netinet/ip_frag.c
Updated to revision 317514.

.

ユーザランドとカーネルの再ビルド

今回のアップデートでは、カーネルの再ビルドが必要です。

# cd /usr/src
# make buildkernel KERNCONF=MYKERNEL

 .

カーネルのインストール

# make installkernel

 .

マシンの再起動

# reboot

.

広告

Debian Icedove から Thunderbird へ

Debian Jessie へメールソフトウェアの Icedove (45.6.0) のアップグレードとして Thunderbird (45.8.0) が到着しました。

以前、ウェブブラウザの Iceweasel から Firefox へ変更となったように、今回メールソフトウェアの Icedove も Thunderbird へ変更となったようです。

icedove (1:45.6.0-1) experimental; urgency=medium

The Icedove packages are de-branded back to the official Mozilla branding.
With the removing of the Debian branding the packages are also renamed back to the official names used by Mozilla.

The Thunderbird package is using a different default profile folder, the default profile folder is now ‘$(HOME)/.thunderbird’.
The users profile folder, that was used in Icedove, will get migrated to the new profile folder on the first start, that can take a little bit more time.

Please read README.Debian for getting more information about the changes, and possible needed trouble solving.
Note also #816679 containing some legal facts.

— Carsten Schoenert <c.schoenert@t-online.de> Sun, 4 Sep 2016 18:50:00 +0200

Firefox と Thunderbird の商標権がらみで Iceweasel と Icedove の名前を使用していた訳ですが、ようやく元の鞘に収まったもようです。

thunderbird_48.8.0.png
Thunderbird 45.8.0 の著作権表示