Linksys WTR54GS を入手

リンクシス WTR54GS をインターネット・オークションにて入手しました。

今回入手したリンクシス WTR54GS です。

旅行・出張先で便利な小型ルータ

いわゆるトラベル・ルータと呼ばれるもので、今ほどに無線 LAN 環境が整っていなかったころのホテルや旅館で有線 LAN を無線 LAN に置き換えるための小型のルータです。

WTR54GS のイーサネット・ポート側を撮影したものです。

コンパクトな専用ポーチも用意されており、持ち運びに便利なようになっていました。

本体と収納ポーチ
収納ポーチの内側

特異な電源プラグ

そして電源も本体に AC プラグが収納式に備わっていて、直接本体を電源ソケットへ差し込む構造となっています。電源アダプタなどの余分なものが発生しないように配慮されていました。

収納式の電源プラグの様子です。

ルータ設定

外部と接続するイーサネット・ポートは WAN と LAN の二つが用意されていますが、LAN ポートは初期設定を行うときなどで使用するためのものと考えてよいようです。WAN ポート側へイーサネット・ケーブルを接続してインターネットへ接続(DHCP や PPPoE)するようになっています。

動作中の WTR54GS です。

早速ケーブルを接続して本機の設定を行なってみました。初期 IP アドレスは “192.168.16.1” となっています。そして設定画面へのパスワードは “admin” となっていました。なおユーザ名は不要でした。これらの初期データは本体のプラスチック筐体に彫り込まれています。

設定画面の様子を観察すると、細かな設定は出来ませんが無線LANルータとしての機能は一応揃っている感じでした。

WTR54GS の設定画面

今後の予定

ネット上の情報を集めてみると、どうも本機には DD-WRT や OpenWrt のファームウェアをインストールすることが出来るようです。またハードウェア・バージョンにより異なりますが、JTAG やシリアルコンソールも取り出すことが出来るようです。今回入手した WTR54GS のハードウェア・バージョンを確認する意味においても、近く分解をして中身を確認したいと思っています。

PLANEX GW-USMini2N を入手

プラネックスの USB 無線 LAN アダプタをインターネット・オークションにて入手しました。

今回入手したプラネックス GW-USMini2N です。

少し小さめの筐体になっており、お尻の部分に透明のプラスチック部品が埋め込まれており、この内部で無線LAN通信をしているときに黄色い LED ランプが点滅する構造になっています。すでに所有している同社の GW-US300MiniS とデザインの指向性が似たものとなっていました。ただ GW-US300MiniS には放熱用と思われる小さな穴が開けられている特徴がありますが、本機の GW-USMIni2N にはこのような放熱用の穴はありませんでした。

GW-US300MiniS(上) と GW-USMini2N(下)の比較です。  

Debian Wheezy と Jessie がインストールされているマシンへ装着して動作確認したところ、すぐに認識して動作を開始しました。ドライバ・モジュールは rt2800usb が使用されていました。すでにデバイス ID (2019:ab25)が登録済みでした。

動作中の GW-USMini2N です。

同じプラネックス社の GW-US300MiniS は、デバイス ID の追加を必要としていましたので、取り扱いやすさの点では本機の方が取り扱いようです。

FreeBSD 9.3 の p27 (rpcbind) アップデート

FreeBSD 9.3 へ p27 アップデート(1個)が到着しました。rpcbind に細工が施されたパケットを送り込むことでサービス拒否状態となって rpcbind がクラッシュするそうです。
なお Debian でも数日前にこの rpcbind のアップデートが行われていました。

FreeBSD-SA-15:24.rpcbind
https://www.freebsd.org/security/advisories/FreeBSD-SA-15:24.rpcbind.asc

/usr/src/UPDATING の内容

20150929:       p27     FreeBSD-SA-15:24.rpcbind

Fix rpcbind(8) remote denial of service. [SA-15:24]

ソースツリーの更新

subversion でソースツリーを更新しました。

# svn update /usr/src
Updating ‘/usr/src’:
G    /usr/src/UPDATING
U    /usr/src/sys/conf/newvers.sh
U    /usr/src/usr.sbin/rpcbind/rpcb_svc_com.c
Updated to revision 288407.

ユーザランドとカーネルの再ビルド

今回のアップデートでは、ユーザランドの再ビルドが必要です。

# cd /usr/src
# make buildworld

ユーザランドとカーネルのインストール

# make installworld

マシンの再起動

# reboot

Buffalo WHR-G54 を入手

インターネット・オークションにて バッファロー WHR-G54 を入手しました。

今回入手したバッファロー WHR-G54 です。

外観

外観はいわゆるタンク型と言われるもので、背面の型番を読み取らなければどの機種か判明できないほど数多くの機種で採用されていたデザインです。

WHR-G54 の背面です。
プッシュスイッチは WAN ポートを有効・無効に切換ます。

今回入手したものにはちょっとした おまけ が付いて来ました(笑)。 それは背面カバーです。この背面カバーの存在は知っていましたが、まだ手にしたことがありませんでした。ただこの背面カバーはこの WHR-G54 のものではなく他の機種のものであったようです。表面の塗装がアイボリー調ではなく、薄いパールピンクの華やかな色彩のものでした。

おまけの背面カバーです。
背面カバーを取り付けたところです。
塗装の違いがよく判ります。

分解

いつものように分解をしてみました。

筐体の側面を取り外したところです。

ボードを取り外そうとしたところ、筐体のネジ受け部分が割れてしまいました。どうも筐体の劣化が進んでいるようでした。

ネジを緩めようとしたら割れてしまいました(笑)

今までよく見かけたバッファローの無線LANルータの中身のように見えました。しかしよくみると何か凄いボードが搭載されていました。

搭載されていたプロセッサの XPC8241 です。

まずプロセッサにモトローラの XPC8241 が使用されており、フラッシュメモリは東芝の TC58FVM6T2A (8MB) 、システムメモリに VG36128161BT-7 (16MB) が四枚(合計 64MB)も搭載されていました。

取り出したボードの表面です。
取り出したボードの裏面です。

ピンヘッダの取り付け

ボードの表面には JTAG と思われるスルーホールとシリアルコンソールと思われるスルーホールがありましたので、早速ピンヘッダを取り付けてみました。

シリアルコンソール端子の J1 です。
JTAG と思われる端子 CN5 です。
ピンヘッダを取り付けたところです。
電源ソケットの接触不良対策として、センターピンと電源フィルタとの間をリード線で接続しておきました。

シリアルコンソールの動作確認

シリアルコンソールの端子(J1)のピン配置は次のとおりでした。

#1 – TX
#2 – RX
#3 – Vcc (3.3V)
#4 – GND

通信速度は 57,600bps で通信できました。起動途中に Ctrl + C を押してもブートマネージャなどにログオンできませんでした。

シリアルコンソールの動作試験中の WHR-G54 です。
ブートログの一部です。
******* Product Information *******
———————————-
Product Name: WHR-G54
          VER: 2.16
         Date: 2005/5/12 14:16:3
———————————-
Firmware check:Done.

>>
Now Loading…done.
Now Booting
hwid(0) : CLK_DCR value(0x3878)  –>  unknown hwtype
 value(0x3878)
Memory BAT mapping: BAT2=64Mb, BAT3=0Mb, residual: 0Mb
HWTYPE:None PLD Model
Linux version 2.4.18_mvl30-sandpoint (root@scbmrh.localdomain) (gcc version 2.95.3 20010315 (release/MontaVista)) #129 �� 5�� 12 14:15:31 JST 2005

JTAG の動作確認

JTAG 端子は無線 LAN ルータでよく見られる配置とは異なっているようです。動作させることができませんでした。特に異様なのが、偶数番の端子に GND が接続されている無線 LAN ルータが多いのですが、本機では 16 番だけが GND へ接続されていました。

JTAG で動作確認中の WHR-G54 です。

ファームウェアのインストールは断念

どうも DD-WRT や OpenWrt には、本機用のファームウェアは存在していないようです。ただ XPC8241 のプロセッサが搭載されたマシン用に独自にビルドし直した事例はあるようでした。今後、独自にビルドが出来るようになったときには、本機をその試験台として利用したいと思っています。

ThinkPad X30 へ Debian Wheezy をインストール

すでに Debian Jessie での動作が不調であることが判明した ThinkPad X30 へ Debian Wheezy をインストールしました。

同じ問題を抱える ThinkPad R31 の場合のインストールは以下の記事を参考にしてください。

ThinkPad R31 へ Debian Wheezy Xfce をインストール
http://near-unix.blogspot.jp/2014/06/thinkpad-r31-debian-wheezy-xfce.html

インストールそのものは単純にネットワーク・インストールで行いました。

Debian Wheezy をインストール中の ThinkPad X30 です。

インストールが終了したところで、再起動が求められます。このまま再起動したところで、GRUB の選択画面が表示されたところで “E” キーを押して編集モードで移行します。そして “linux” で始まる行の末尾へ “i915.modeset=0” を追加して “F10” キーを押して起動させます。

Debian Wheezy だと綺麗な画面になります。

“i915.modeset=0″ の設定により、ビデオ画面も正常に表示されているうちに、GRUB の設定の見直しをしておきます。/etc/default/grub の設定ファイルの GRUB_CMDLINE_LINUX=”” の行へ “i915.modeset=0” を追加します。

# vi /etc/default/grub

GRUB_CMDLINE_LINUX=”i915.modeset=0

編集の後、GRUB の更新します。

# update-grub

以上でインストールは完全に終了です。

ThinkPad X30 (2672-11J) を入手

インターネット・オークションにて ThinkPad X30 (2672-11J) を入手しました。

今回入手した ThinkPad X30 です。

外観の汚れなどは多少ありましたが、筐体の割れなどがなく、比較的良好な個体を入手することが出来て幸せでした。

プロセッサは Mobile Pentium3-m 1066MHz で、メモリは拡張済みで 768MB (512MB + 256MB) でした。

早速手持ちの Debian Jessie がインストールされているハードディスクを装着して動作確認をしてみました。

起動を完了してデスクトップ画面が表示されたのですが、何か?異常です(笑)。 あの ThinkPad R31 と同じ症状でした。どうも ThinkPad R31 と同じビデオチップを使用しているようです。

ThinkPad R31 と同じように文字の一部が欠落する症状が発生しています。
また階調度が悪く、背景が階段上に変化しています。

Puppy Linux 5.7.1 JP でも標準に起動させると画面が表示されなくなります。Grub の選択画面で編集モードへ入って、カーネル・オプションに “i915.modeset=0” を追加すると画面表示されるようになります。

現在のところ ThinkPad R31 は Debian Jessie で上手く動作していません。このことから、この ThinkPad X30 には Debian Jessie ではなく、Debian Wheezy をインストールしたいと思っています。

ThinkPad R31 は Debian Wheezy で快調に動作していました。
そのためこの ThinkPad X30 にも Debian Wheezy をインストールしたいと思います。