Pioneer 電話機 TF-08-W のスピーカ交換

新年早々 インターネット・オークションにて、「着信はできるが、発信音が聞こえない」という電話機(パイオニア TF-08-W)を安価に落札しました。 このパイオニア TF-08-W は以前にも動作品を入手しており、動作品と比較しながら調査をすれば、不良箇所が特定できて、修理できると考えて落札したものです。

Pioneer ベーシックテレホン TF-08-W
https://densankiblog.wordpress.com/2013/09/09/pioneer-%e3%83%99%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%86%e3%83%ac%e3%83%9b%e3%83%b3-tf-08-w/

.

故障箇所の探査

届いた不良品の TF-08-W を調べてみると、確かに着信ベルは鳴るのに、受話器を持ち上げた時に聞こえてくる「ツー」という発信音が聞こえてきませんでした。さらに受話器を持ち上げたまま電話を発信してみると、発信も可能で、単純に音声が聞こえてこないことが判明しました。

そこで受話器を別の機種のものと交換してみると、無事通話ができるようになりました。不良の原因は、受話器のスピーカに問題があることが予想できました。

dsc_0996_b
TF-08-W の受話器のを他の電話機の受話器へ交換すると正常動作しました。よって受話器部分に故障原因があることが判りました。

.

受話器の分解修理

故障の原因が受話器にあると絞られたことから受話器を分解して原因を探してみました。受話器の分解は、中央部内側にあるネジを外した後、カールコードのコネクタの根元の部分からネジ回しを使って筐体を押し広げながら内部にあるフックを取り外しました。スピーカのある上部もフックで固定されていますが、こちらはスライドさせるようにはずしました。

dsc_0999_b
TF-08-W の受話器の分解は、中央部のネジを外した後、カールコードの根元の部分から筐体を上下に押し広げてフックを外しました。
dsc_1002_b
受話器を上下に分解した様子です。カールコード側のフックを外した後、スピーカ側のフックをスライドさせながら外します。

.

内部にある電子部品を取り外してマルチテスタで導通を確認してみたところ、スピーカの端子間で本来あるはずのボイスコイルの抵抗を検出することができませんでした。何らかの原因で断線している模様でした。

dsc_1004_b
TF-08-W の受話器のスピーカのボイスコイルの断線を発見しました。

.

そこでスピーカの交換を行うこととしました。いくつか手持ちの故障している電話機の受話器を分解してみたところ、GRANDSTREAM GXP2000 の受話器に入っているスピーカが、この TF-08-W のスピーカに酷似していることが判明しました。そこでこの GXP2000 のスピーカと交換することとしました。 なおスピーカを提供する GXP2000 は、ダイヤルパッドの不良で思うようにダイヤルすることが出来なくなっていたものです。廃棄するには惜しいと思って保管していたものでしたが、今回こうして再利用することができました。

dsc_1006_b
GXP2000 の受話器の中にあったスピーカが TF-08-W のスピーカに酷似(端子の部分を除いて同一)しているため流用しました。

.

GXP2000 のスピーカを TF-08-W へ移植して、通話試験を行ったところ無事通話ができるようになりました。これで無事 TF-08-W を再生することができました。

dsc_1007_b
GXP2000 のスピーカを移植した TF-08-W の受話器です。

.

HP dc5700SFF を入手しました。

知人から不要となったデスクトップ・パソコン HP dc5700SFF を譲り受けました。それも二台です。

dsc_6879_b
今回入手した HP-dc5700SFF です。

早速、memtest86+ を使ってメモリ試験などを行った後、Puppy Linux をライブ CD で立ち上げて、LAN ポートや USB ポートの動作確認を行いました。幸運なことに、どれも問題なく動作していました。内部を全て確認したわけではありませんが、電解コンデンサの破裂などの異常も見当たりませんでした。

dsc_6882_b
心配していた電解コンデンサの破裂は見当たりませんでした。

この新しく入手した HP dc5700SFF を現在使用しているデスクトップ・パソコンと置き換えたいと思っています。置き換えの前に内部の大掃除をする予定です。しかし急激に冬らしい天気と気温になっていることから、筐体の水洗いをするかどうか?は思案中です(笑)。

 

 

ThinkPad R31 の CMOS 用電池交換

久しぶりの ThinkPad の話題です。

dsc_6868_b
今回 CMOS 用電池を交換した ThinkPad R31 です。

.

症状

久しぶりに起動させた ThinkPad R31 の起動画面が変な?ことになっていました。IBM のロゴがなく、いつもと違った表示の起動表示の後、GRUB の画面へと切り替わる現象です。GRUB からは、Debian Wheezy  を起動させることができるのですが、トラックポイントが動作しない状況でした。この状況を解決するには、CMOS の内容を消去して再起動させることでした。正常に起動ができるようになった後も、電源プラグを抜いて、充電池(バッテリ)も取り外して暫く放置しておくと、再び異常な起動状況になってしまいます。

dsc_6855_b
異常なブート画面

.

原因

どうも CMOS 用電池が消耗したのではないかと考えて交換することとしました。本機に装着されている CMOS 電池は CR3032 でした。しかし以前の所有者さんの手によって交換されているものでした。電極が溶接された CR3032 へ、正規品の電池から取り外したと思われるケーブルがハンダ付けされている状況でした。そして電池の電圧を測ってみると、やはり消耗していました。

dsc_6851_b
ThinkPad R31 の CMOS 用電池

.

CMOS 用電池交換

そこでいつものように銅箔テープを使った方法で CMOS 用電池を交換しました。5ミリ幅に切った銅箔テープの先端にケーブルをハンダ付けして、銅箔テープの一部を折り込みながら電池の表面に貼り付ける方法です。

dsc_6860_b
ケーブルを流用して、新しい電池(CR3032)へ電極を取り付けた状態です。

従来からの方法では銅箔テープの上にセロハンテープを巻きつけて絶縁処理としていましたが、今回は銅箔テープの上に一旦紙を巻きつけた上でセロハンテープで固定しました。これは絶縁用のセロハンテープの粘着力で銅箔テープが剥がれてくるのを防ぐものです。

dsc_6861_b
CMOS 用電池の絶縁のために紙を巻きつけた後、セロハンテープで固定しました。

.

CMOS 消去

DOS で動作するソフトウェアの WipeCMOS により CMOS の内容を消去して再起動させました。

dsc_6862_b
WipeCMOS で CMOS の内容を初期化しました。

.

動作確認

再起動時に再度 CMOS 設定画面へ移行した後、初設定を行ってマシンを起動させました。これにより、以前と同様に動作するようになりました。

dsc_6866_b
ようやく起動時に IBM のロゴマークが表示されるようになりました。

.

ThinkPad G41 へ Debian Jessie を新規インストール

ThinkPad G41 (2881-5GJ) には Debian Jessie がインストールされていましたが、無線 LAN カードの動作不良のため再度インストールし直しました。

DSC_6791_b
Debian Jessie を再インストールした ThinkPad G41 です。

先に無線 LAN の通信状況について結論を述べますと、問題なく認識して通信も可能でした。

症状

内蔵型の無線 LAN カードを設置して、無線 LAN カードを認識しているにも係わらず、無線 LAN 通信が出来なくなっていました。Puppy Linux やその他のライブ CD の Linux で動作確認しても、無線 LAN カードを認識して、問題なく通信でできました。そこで新規に Debian Jessie をインストールして動作確認をしてみることとしました。

Debian Jessie のインストール

インストールの前に現在してあるハードディスクを取り外して、別のハードディスクを取り付けました。そして BIOS 設定も CMOS 消去ソフトウェア(WipeCMOS)で初期化しました。その上でネットワーク・インストール方式による最新の Debian Jessie をインストールしました。インストールの手順は Debian の公式ウェブサイトを確認してください。

Debian JP Project – Debian JP Project
http://www.debian.or.jp/

動作確認

デスクトップマネージャに Gnome3  を標準インストールしていました。GDM までは普通にきどうするのですが、何故かログインすることができませんでした(涙)。標準ログインの他、クラシック・ログインも試みましたが、次の画面(Oh no! Something has gone wrong. A problem has ocurred and the system can’t recover. )が表示されるだけでした。

DSC_6813_b
A problem has ocurred and the system can’t recover.

Xfec4 を追加インストール

Gnome3 のデスクトップ画面へログインすることはできませんでしたが、通常のターミナル・モード(Alt + F1)へ移行することは可能でした。そこで他のデスクトップ・マネージャとして Xfce4  をインストールしました。
※ここでは ThinkPad G41 で Gnome3 をインストールすることが課題ではなく、Debian Jessie 上で無線 LAN カードが使用できるのかどうかの確認が重要であったため、Gnome3 へログイン出来ないことの問題解決は放棄しました。(追記:2016-07-05 Gnome3  へのログインできました。下記に追加記述しています。)

ログイン・ユーザとパスワードでシステムにログインした後、次のコマンドで Xfce4 をインストールしました。なお現状のままでは文字化けしてしまうため、言語を英語モード(LANG=C)へ変更して作業を行いました。

# export LANG=C
# aptitude install xfce4

 

Xfce4 で無線 LAN の動作確認

新しくインストールした Xfce4 のデスクトップへ GDM からログインすることができました。そしてすぐにネットワーク・マネージャから無線 LAN のアクセスポイントへ接続を試みたところ、問題なく接続と通信ができました。 やはり、以前インストールしていた Debian Jessie のシステムのどこか?(おそらくネットワーク・マネージャ関連だと思います)に問題があって、接続が出来なかった模様です。なお使用した無線 LAN カードは PHILIPS PH12127-B です。

今後、再インストールの前に取り外しておいたハードディスクから /home のディレクトリ内にある個人ファイルを新しくインストールしたハードディスクへコピーしたいと思います。

Gnome Flashback モード追加(2016-07-05 追記)

Debian Jessie を標準インストールした後、Gnome3 のデスクトップへログインできませんでした。そこで Flashback モードでログインを試みたところ、無事ログインすることができました。

Flashback モードは、次の要領で追加できます。

# aptitude update
# aptitude install gnome-panel

Debian Jessie の Gnome3 へ Flashback モードを追加
https://densankiblog.wordpress.com/2015/05/22/debian-jessie-%e3%81%ae-gnome3-%e3%81%b8-flashback-%e3%83%a2%e3%83%bc%e3%83%89%e3%82%92%e8%bf%bd%e5%8a%a0/

 

ThinkPad G41 (2881-5GJ) へ無線 LAN カード追加(その2)

昨日、ThinkPad G41 (2881-5GJ) へ無線 LAN カード(PHILIPS PH12127-B)の取り付けを行いましたが、今日はさらに別の無線 LAN カードを取り付けてみました。

ThinkPad G41 (2881-5GJ) へ無線 LAN カード追加
https://densankiblog.wordpress.com/2016/07/03/thinkpad-g41-2881-5gj-%e3%81%b8%e7%84%a1%e7%b7%9a-lan-%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89%e8%bf%bd%e5%8a%a0/

Broadcom BCM4318 の無線 LAN カード

まず最初に Broadcom BCM4318 のチップが搭載された IEEE 802.11 b/g の無線 LAN カードを取り付けてみました。

DSC_6811_b
今回試してみた BCM4318 のカードです。

なんと Intel WM3B2915ABG のときと同じように、起動ロゴなど表示されないまま、冷却ファンがフル回転となる現象が発生しました。どうもこの BCM4318 のカードは使用できないようです。

DSC_6808_b
ThinkPad G41 へ設置した BCM4318 のカードです。

Broadcom BCM4306 の無線 LAN カード

Broadcom の有名な BCM4306 チップが搭載された IEEE 802.11 b/g の無線 LAN カードを設置してみました。この無線 LAN カードは、問題なく認識されて無事起動することができました。

DSC_6809_b
今回試した BCM4306 のカードです。
DSC_6812_b
ThinkPad G41 へ設置した BCM4306 のカードです。

ThinkPad G41 は、カード内にある EEPROM の内容を見てマシンを起動させるか?どうかの判断をしているようですが、具体的にどのような情報を読み取って動作を切り替えているのか不明なため、どの無線 LAN カードが適合するのかは実際に取り付けてみるまでは解らないようです。もともと ThinkPad へ内蔵型の無線 LAN カードを設置するのは難しいのですが、ThinkPad G41 はより一層めんどくさいことになっているようです(笑)。

PT2 サーバのハードディスクの冷却ファン取り付け

屋外の最高気温が30度を超えるようになってきました。もちろん室内も屋外ほどでないにしろ、結構気温が上昇しています。暑くなってくると気になるのが、ハードディスクの温度です。FreeBSD で稼働している自宅サーバ(FMV ESPRIMO D5220)には、すでに CD ドライブベイの部分へ冷却ファンを取り付けてハードディスクの温度上昇を抑制していました。今回は、自宅サーバの隣に設置してある PT2 サーバ(FMV ESPRIMO D5210)にも冷却ファンを取り付けて、ハードディスクの温度上昇を抑制するようにしました。

ハードディスク用の冷却ファンを取り付けた FMV ESPRIMO D5210 です。

冷却ファンの取り付け

昨年の夏は、PT2 サーバにも小さな冷却ファンを取り付けていましたが、秋ごろには騒音が激しくなったことから取り外してしまいました。そこで今回も以前と同じように CD ドライブベイの部分へ冷却ファンをネジで固定しました。ハードディスクとの間には穴が無数に開いた状態となっており、この穴から風を送り込んでハードディスクの表面温度を下げるようにします。またこの穴を使って冷却ファンを固定しました。

CDドライブベイへ取り付けた冷却ファンです。
ハードディスクと冷却ファンの位置関係がよく解るように撮影したものです。
冷却ファンの風はハードディスクへ吹き付けるように設置しました。

冷却ファン用電源ケーブル

冷却ファンの電源ケーブルの先端は 3 ピンコネクタとなっています。一般的なパソコン用電源から分岐させるケーブルなどがありますが、このケーブルでは 12 ボルトが供給されるようになっており、冷却ファンがかなりの高速回転をしてしまいます。そこで 5 ボルト電源を供給するケーブルを自作して、回転数を下げる工夫をしました。

作業は簡単で、4 ピンの電源コネクタと 3 ピンのピンヘッダの間をケーブルで接続するだけの簡単なものです。

ピンヘッダは、小さな蛇の目基盤へ一旦ハンダ付けしたあとにケーブルをハンダ付けしました。
冷却ファンへ 5 ボルト電源を供給するケーブルを作ったところです。

端子の部分が剥き出しになっているため、テープで簡単に絶縁処理を施しておきました。

冷却ファンへ 5 ボルト電源を供給するケーブルを接続したところです。
パソコン用電源のケーブルのうち 5 ボルトは赤色のケーブルで、
黄色のケーブルは 12 ボルトになっています。

これで回転数が抑えられた状態で冷却ファンが回転するようになりました。冷却ファンの騒音も気になりません。これで今年の夏を乗り切りたいと思っています。

ファイルサーバのハードディスクのエラーの原因は

先日ハードディスク(WD20EARX)の不調のため交換を行ったファイルサーバですが、再び調子が悪くなってしまいました。原因を調べてみると SATA ケーブルに問題がありました。

ファイルサーバ用ハードディスクの複写
https://densankiblog.wordpress.com/2016/05/21/%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%83%90%e7%94%a8%e3%83%8f%e3%83%bc%e3%83%89%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%b9%e3%82%af%e3%81%ae%e8%a4%87%e5%86%99/

 

症状

交換したばかりの 2TB のハードディスク(WD20EZRZ)から DMA エラーが発生しているログが次々とコンソール上に表示されていました(涙)。

マザーボードが 1.5Gbps までの速度しか対応していないため、もしかして上手く動作切替ができていないのかしれないと考えて、ハードディスクの側面にあるショートジャンパの 「1.5Gbps 制限動作」の設定を行ってみました。しかし症状は変わりませんでした。

1.5Gbps に制限した WD20EZRZ です。
この写真では SATA ケーブルは交換済みです。

 

原因は SATA ケーブル

原因を探ると SATA のケーブル(写真の青いケーブル)に問題があったようで、このケーブルで接続するハードディスクのデータ転送が不調となってしまうことが判明しました。

問題があった SATA ケーブル

不調だと思って交換した古い 2TB のハードディスク(WD20EARX)は、すでにデータ複写用のマシン上で検査を行って異常がないことを確認していました。そのため、今回のせっかくハードディスクを交換したのですが、不調の原因は SATA ケーブルに問題があったようです(苦笑)。

新しい SATA ケーブルへ交換したところ、 DMA エラーなどは発生せず、順調に動作しました。これからは、ケーブルにも注意を払いたいと思いました。