FreeBSD 9.3 の p21 (BIND, OpenSSH, TCP) アップデート

FreeBSD 9.3 へ p21 アップデート(3個)が到着しました。BIND がリモート拒否の脆弱性問題、TCP のリソース枯渇問題、  OpenSSH の脆弱性の解消だそうです。なお FreeBSD 10 系のみの問題として bsdpatch が存在しています。
Debian にも BIND のシステムアップデートが到着していたので FreeBSD にも対策が来ると思っていました(笑)。

FreeBSD-SA-15:17.bind
https://www.freebsd.org/security/advisories/FreeBSD-SA-15:17.bind.asc
FreeBSD-SA-15:16.openssh
https://www.freebsd.org/security/advisories/FreeBSD-SA-15:16.openssh.asc
FreeBSD-SA-15:15.tcp
https://www.freebsd.org/security/advisories/FreeBSD-SA-15:15.tcp.asc
FreeBSD-SA-15:14.bsdpatch (FreeBSD 10 系のみ)
https://www.freebsd.org/security/advisories/FreeBSD-SA-15:14.bsdpatch.asc

/usr/src/UPDATING の内容

20150728:       p21     FreeBSD-SA-15:15.tcp
                        FreeBSD-SA-15:16.openssh
                        FreeBSD-SA-15:17.bind

Fix resource exhaustion in TCP reassembly. [SA-15:15]
Fix OpenSSH multiple vulnerabilities. [SA-15:16]
Fix BIND remote denial of service vulnerability. [SA-15:17]

ソースツリーの更新

subversion でソースツリーを更新しました。

# svn update /usr/src
Updating ‘/usr/src’:
U    /usr/src/sys/netinet/tcp_reass.c
U    /usr/src/sys/netinet/tcp_var.h
U    /usr/src/sys/netinet/tcp_subr.c
U    /usr/src/sys/conf/newvers.sh
U    /usr/src/crypto/openssh/auth2-chall.c
U    /usr/src/crypto/openssh/sshconnect.c
U    /usr/src/contrib/bind9/lib/dns/tkey.c
G    /usr/src/UPDATING
Updated to revision 286015.

ユーザランドとカーネルの再ビルド

今回のアップデートでは、ユーザランドとカーネルの再ビルド(再構築)が必要です。

# cd /usr/src
# make buildworld
# make buildkernel KERNCONF=MYKERNEL

ユーザランドとカーネルのインストール

# make installkernel
# make installworld

マシンの再起動

# reboot

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中