FreeBSD が gcc 3.4 から gcc4.6 へアップグレード

意外に重要なアップグレードが到着したようです。

C コンパイラの gcc が 3.4 から 4.6 へメジャー・アップグレードしました。

lang/gcc46 (gcc-3.4.6_3,1 -> gcc46-4.6.4_1,1)

これからビルドを行うものはこのアップグレードの影響を受けるものと思いますが、一般ユーザーとしてはどのようなことをすればよいのでしょうか? 不明です。

/usr/ports/UPDATING には注意事項も出ていないので心配です。

もしかして互換性があり、このまま順次ビルドを行って行く度に新しいものに置き換えて行けばいいのでしょうか?  それともカーネルからすべて引っくるめて再ビルドの必要があるのでしょうか?

ちょっと様子をみて、問題がなければこのまま放置しながら、順次新しい gcc 4.6 でビルドしたものへ置き換える方向で対応したいと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中