Puppy Linux Precise-5.7.1 で Firefox をアップグレード

Debian Wheezy で Iceweasel を 26.0 から 27.0 へアップグレードしたことは先日の本ブログに紹介したとおりです。Ubuntu の Firefox への対応状況を確認すると既に 27.0 へアップグレードしていることを確認したため、先日 Puppy Linux Precise-5.7.1 にインストールしていた Firefox 26.0 をアップグレードしてみることとしました。

じつは Puppy Linux の pet 上でアップグレードを行うのは今回が初めてです。正確には Firefox 26.0 は pet ではなく Ubuntu のパッケージを流用している形となっています。

さて実際の作業ですが、パピーパッケージマネージャのデータベースの更新から開始しました。「パッケージマネージャの設定」の中から「データベース更新」の「ただちに更新」で更新を行います。いくつもの設問がありますが、すべて「Enter」で回答します。しばらくするとデータベースが更新されます。

通常のパピーパッケージマネージャの画面へ戻って検索窓から「firefox」のキーワードでパッケージを検索します。すると「バージョンチェック」という画面が開いて新旧のバージョンが表示されます。

ここで上書きインストールとして、そのまま新しいバージョンの firefox_27.0+build1 と firefox-locale-ja_27.0+build1 をインストールしました。これで動作は問題ありませんでした。

しかしパピーパッケージマネージャのインストール情報には、新旧の Firefox の情報が残ってしまいました。

firefox_26.0+build2
firefox-locale-ja_26.0+build2

firefox_27.0+build1
firefox-locale-ja_27.0+build1

そこで古い firefox_26.0+build2 と firefox-locale-ja_26.0+build2 を削除したところ、バイナリファイルもろとも消去されてしまって Firefox が起動しなくなってしまいました。そこで、一旦 firefox_27.0+build1 も firefox-locale-ja_27.0+build1 も消去し直して、再度 firefox_27.0+build1 と firefox-locale-ja_27.0+build1 をインストールし直しました。これで Firefox 27.0 が起動するようになり、インストール情報も正常となりました。

どうも正式の手順としては、古いバージョンの Firefox を一旦削除した後に、新しいバージョンの Firefox をインストールする手順が望ましいようです。次回からはこの方法で対応したいと思っています。特に Firefox のバージョンアップは周期が短いこともあり、セキュリティ問題にも適切に対応するには常に新しいバージョンのものをインストールしておくことが大切だと思います。

今回はとてもよい勉強になりました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中